愛人バンク

お金をくれる人を愛人募集掲示板で募集した私を救ったパパ活アプリ
 パートの仲間が、ついにパパ活に成功したと言うのには腰を抜かしました。
年齢、凄く近いんです。
私もパート仲間も50代です。
それは、驚愕以外のナニモノでもないのです。
この年齢で、パパ活なんてありえるのか?
本当のことを言っているのか?
兎に角、気持ちがザワザワしてしかたない状態でした。

 パート仲間が言うんです。
「ほら、昔流行したじゃない。愛人バンク、あんなサービスないのかなと思って調べたら、愛人バンクと同じようなサービスがあったんだけどさ、そこは正直難しい場所だったのね」
入会審査だとか、ランキング付けされてしまうだとか、ナニかと不都合が多い場所だったのだそうです。
「どうしても若い女の子には勝てないからね。愛人バンクみたいなところじゃ駄目と判断したの」
その後、出会いの方法を調べ続けたそうです。
「そしたらね、優秀な出会い系アプリがあったの。安全性が凄く高くて、入会審査なんかもなくて、気軽に利用できる場所。女は無料なの」
その出会い系アプリの中で、ひたすら募集に努めたそうです。
「そしたらね、忘れかけた頃にパパからの声がかかったんだよね」
都度払いの1万円の食事デートで荒稼ぎしていると、楽しそうに話してくるのですから。
私にとっても強い刺激になりました。

 収入面では、ずっと悩んでいた私。
50代でもパパができるなら・・・、デートだけパパなら最高。
そんな気持ちを強め、パート仲間の使った出会い系アプリに登録してしまいました。
こちらで、地道な募集をスタートです。

 それらしき連絡がなかなか来ず、ちょっと諦めかけてきた頃のことでした。
60代前半男性からの声がかかったのです。
LINEでやりとりをした時、1人の食事が虚しいため付き合って欲しいと言われたのでした。

 顔合わせがあったのですが、それはリラックスしたものでした。
顔合わせの段階で、相手も乗り気になってくれ、誘っていただくことに成功です。
50代の私に提案してくれた金額が、都度払いの2万円でした。

 以降、週に一回程度、男性との待ち合わせを決めています。
ドロドロした関係はなく、楽しいお食事時間を一緒にして、莫大な収入が入ってくるようになりました。
金づるの男性
無償でお金くれる人
お金支援掲示板

テキストのコピーはできません。